お知らせ

京料理は四季に合わせた食材を使用しています!

京料理では日本の四季に合わせた食材を使用しています。今回は具体的にどのような食材が使われているのか紹介していきます。

 

・春

春には山の幸で言えば「タケノコ」「山菜」、海の幸で言えば「サワラ」「イイダコ」などが使われることが多いです。桃の花や桜の花を取り入れ、可憐で華やかに仕上げられるのも特徴的です。

 

・夏

夏の主役は「ハモ」です。ハモは京都を代表する食材であり、ハモの到来が夏を感じさせてくれます。初夏の「鮎」や味噌をつけて食べる「賀茂茄子」なども夏の京料理には欠かせない食材です。

 

・秋

秋の味覚といえば「松茸」でしょう。松茸の芳醇な香りは日本人にとって格別の存在だといえます。「栗」や「子持ち鮎」も秋の代表的な食材です。紅葉を用いて艶やかなあしらいにするのも特徴でしょう。

 

・冬

冬には「カニ」や「フグ」を使用しています。深みのある旨味が特徴的です。また脂ののった「サバ」や滋味溢れる味わいの「カブ」も冬の代表的な素材です。椿など冬の花や草をあしらったり、粉で雪を象徴したりなど、繊細な表現が施されます。

 

創作和膳喜祥は、見た目も楽しめる京料理を提供致します。

ご予約はこちらから