お知らせ

伏見の地酒紹介

京都伏見は、古くから酒造が行われている歴史がある街で有名です。

伏見の清酒は、カリウムやカルシウムなどをバランスよく含んだ酒造に適した良質な水があるからこそできるもので、伏見には酒蔵や蔵元が多く集まっています。

今回は、伏見にゆかりのあるお酒の名前をご紹介します。

 

「魯山人」東山酒造有限会社

〒612-8046 京都市伏見区塩屋町223

魯山人は、京都産の幻の酒米「祝」を100%使用した酒で、味わい深いお酒です。

 

「金鵄正宗 純米吟醸」キンシ正宗株式会社

〒612-8081 京都市伏見区新町11丁目337-1

金鵄正宗 純米吟醸は、酒米「祝」を100%使用しており、2015年の全米日本酒歓評会で吟醸部門で金賞を受賞したお酒です。

 

超特撰 純米大吟醸松の翆」株式会社山本本家

〒612-8047 京都市伏見区上油掛町36-1

表千家而妙斉千宗左御家元に好まれたお酒で、お茶事に使われています。

(参考:伏見酒造組合WEBページより)

 

日本酒がお好きな方は、伏見の地酒の利き酒をしたり、酒蔵巡りをしてみるのはいかがでしょうか?

お問い合わせはこちらから