お知らせ

京料理とおもてなし

日本の食文化は海外の旅行者からみるととても興味深いと感じる方が多いそうです。今回は京料理とおもてなしについてお話ししたいと思います。

日本には「春」「夏」「秋」「冬」の四季があります。

京料理では季節によって食材や器を厳選したり、盛り付けなどの見せ方を変えることで四季折々の季節感を見事に再現することができます。

その季節ならではの旬の食材を見て美しく、食べて美味しく味わうことができることも、京料理の魅力の1つです。

例えば、「春」は菜花や桜をイメージしたり、筍や山菜で春の芽吹きを感じます。

「夏」は盛り付けや、鱧や鮎を使って夏の清涼感を感じます。

「秋」は京都の紅葉とともに、松茸や栗、芋などで山の恵を堪能します。

「冬」は寒くなる季節、鍋物や蒸しもので体を温めます。

京料理は調理に出汁が使われることが多いですが、出汁を使った繊細な味付け1口1口に対して、自然や四季を感じることができることも京料理の特徴です。

気軽に楽しめる京料理から、法事・慶事・接待・歓送迎会などのおもてなしの仕出し、創作料理まで幅広いシーンに応じて対応可能です。ご利用をお待ちしております。

ご不明なことなどございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから